トップページ »

暦の上では8月ももうすぐ終わりですね。

日中の空を見上げると

雲が高い位置にあり

秋の空だなと感じるこの頃です。

 

先日 長男が高熱を出し

かかりつけの病院に行ったのですが

病院から頂いた薬を飲んでも

一向に熱が下がらず

5日間苦しんでいました。

痛みや苦しみの度合いは

本人にしかわかりません。

息子を見ていると 日中は割と元気。

食欲もあり 熱が高いだけで

さほど重症ではない様子でした。

しかし 夜になると40度まで

熱が上がり 汗だく。

こんな状態が5日続き

さすがにおかしいと思い 再度 病院へ。

レントゲンをとりました。

 

肺がくもっていました。

再度 薬を頂きました。

 

我が家のかかりつけの病院は

家から一番近い という理由で選んだ

個人病院です。

先生は色黒で 太っちょです。

釣りが趣味のようです。

診察室には魚のカレンダーが貼ってあります。

お酒が好きなようで

うちの旦那さんが痛風で受診した時には

「食事やお酒、気をつけなさいね~。

僕もなんだけどね~。」

と、笑いながら言う 楽しい感じの先生です。

医院で働く看護師さんたちも

とても感じがよく どの方も

優しく接してくれます。

皆さん笑顔で接してくれます。

つらい症状の時にかけてくれる

優しい言葉は 本当に嬉しく

癒されますね。

 

我が家はいつも症状の軽いうちに受診するせいか

先生との会話も 世間話をしたりで

ちゃんと診てくれてるのかな??と

思うことも多々。

というか

いつもそう感じていました(汗)

 

しかし 今回の先生は違いました。

先生は息子のことをとても心配してくださり

インフルエンザの検査をしました。

肺の音も いつもより

念入りに聞いていたように見えました。

 

薬を変えました。

飲んで翌日熱が下がっても

翌々日には肺の状態を確認したいから

再度受診してほしい とのことでした。

 

頂いた薬が効いてくれて

すぐに熱は下がり 元気になったのですが

咳が止まらない。

しかし 私の仕事の都合もあり

先生が受診するように言った日に

行けませんでした。

 

すると 病院から電話が。

「先生が心配しています。

その後いかがですか?」 とのこと。

 

なんだか嬉しくて

「これから息子を連れて行きます」

と言い すぐに受診しました。

 

先生は「念のためだけど

違うと思うけど」と言いながら

マイコプラズマ肺炎の検査をしました。

 

当たり。

 

時期的には秋から冬にかけて

かかる人が多い

マイコプラズマ肺炎になっていた息子。

 

頂いた薬を再度変更し

これが効いて咳が止まればもう

受診しなくてもいいよ と

言ってくださいました。

 

かかりつけにしたい先生に

出会えてよかったと思った瞬間です。

 

皆さんも あれ?と思った時には

早めの受診を。

そして かかりつけの先生を

見つけることが大切です!!

 

我が家はますます

あの先生が好きになりました❤